TOP > 環境グループ > 具体的な支援事項(今後の計画)

具体的な支援事項 (今後の計画)


従来、横浜市内の中小企業を対象に実施してきた環境経営取り組みための支援活動を、今後さらに神奈川県下全体に展開していきます。

また、横浜国立大学の関連学部・研究院などと連携し、地域貢献事業への展開を図ります。



 T. 計 画


1.


「環境経営シンポジウム」を通し、本事業の推進に協力していただく「モデル企業」を募り、「環境経営」導入普及の協力をお願いします。

1)

必ずしも第3者認証取得を目的とするのではなく、企業の実情に合った、取り組みやすい「環境経営」を提唱します。
2) 「モデル企業」を中心に、省エネ・省資源活動などに必要な技術・情報を提供し、職場の改善・改良活動の推進を支援します。
3) 神奈川県および横浜市をはじめとする県内各行政機関と連携し、中小企業の「環境経営」取組み計画を支援します。


2.


横浜国立大学の産学連携推進組織と連携し、研究・教育の場からの「環境」にかかわる研究その他の情報と中小企業が模索している情報を交換する場の提供を図ります。


3.


CO2排出削減対策をはじめとする、地球温暖化対策・省資源・省エネ対策への取り組みのお手伝いをします。

1)

横浜市をはじめとする行政が計画する環境対策事業に協力し、行政−企業−地域−大学の連携を支援し、計画の円滑な推進のお手伝いをします。



 U. 2010年度実施項目

1.

昨年度に引き続き「環境経営シンポジウム」を開催し、ご協力いただける「モデル企業」を募ります。

1)

県下工業団地などと連携し、「工場見学会」「環境経営シンポジウム」の出前開催を検討します。
2) 「モデル企業」およびシンポジウムに参加した企業を中心とした、「グループ研究会」を通して情報交換の場を設定します。


2.


横浜国立大学関連学部・研究院などと連携し、「環境」のいろいろな側面から中小企業支援、地域貢献事業支援を実施します。

1)

「スクール」「セミナー」「事例研究会」などを活用し、大学での研究情報などを発信するとともに、地域企業が求める情報を検索するための情報交換の場を設定します。
2) 地域社会での環境対策活動推進のお手伝いをします。


3.


横浜市が推進する地球温暖化対策、環境都市構想に協力します。

1)

中小企業、地域社会での対策立案のお手伝いをします。
2) 横浜型地域貢献企業認定制度に外部評価員として参加するとともに、中小企業の認証取得を支援します。


上記計画を策定する基となりましたのがこれまでの行ってまいりました各種活動です。
これまでの実績については具体的な支援事項(実績)をご参照願ます。